更年期障害に悩まされているなら病院に行こう|ずっと健康サイト

医者と看護師

検査の費用相場

微笑む女性

乳がんで命を失わないためにも、定期的に乳がん検診を受けることが大切です。乳がん検診は、市区町村によるものだと無料で受けられることもあります。全額自己負担になることもあるので、注意が必要です。

詳細を確認する

定期検診で予防

病院

ほとんどの女性がなる可能性がある病気が、子宮頸がんです。子宮頸がんは進行が遅いので、定期的に検診を受けることで、予防することができます。近年では、20代~30代の女性の患者数が増えています。

詳細を確認する

口コミサイトで選ぶ

診察

内科は初期診療の役割があるので、どの診療科を受診したら良いのかわからないときは、都筑区の内科を受診すると良いでしょう。幅広い疾患を対象としているので、詳しく検査をすることができます。

詳細を確認する

ホルモンを補う治療

女の人

更年期障害は、名前の通り更年期に起こるものです。その更年期とは、閉経前後の約10年間のことを言います。日本人女性の閉経の時期は、50歳~51歳程度なので、更年期は45歳~55歳程度ということになります。なぜ更年期障害が起きるのかというと、閉経に伴いエストロゲンの分泌が減少するからです。エストロゲンの分泌量が少なくなってしまうと、今までエストロゲンによって調整されていた機能が、正常じゃなくなるのです。その調整ができなくなったことによって起こるのが、心身の不調なのです。

更年期障害の治療として、ホルモン補充療法があります。これは、減少しているエストロゲンを薬で補うというものです。保険が適用される治療なので、自己負担額も少なく、安心して治療することができます。ホルモン補充療法を行なうことで、のぼせやほてりなどの症状を改善したり、骨粗しょう症の予防や改善したりすることができます。ホルモン補充療法以外にも、更年期障害の治療はさまざまあります。その1つが漢方薬による治療です。西洋医学では、薬を使用するのが一般的ですが、東洋医学では漢方薬を使用します。特定の症状を改善するのに向いている薬に対して、漢方薬は、複数の症状を改善することができます。そのため、さまざまな症状がある更年期障害にはぴったりなのです。うつや不安などの、精神神経に関する症状がある場合は、抗うつ薬や抗不安薬による治療を行ないます。また、うつや不安などの症状には、カウンセリングも効果的です。