更年期障害に悩まされているなら病院に行こう|ずっと健康サイト

看護師

検査の費用相場

微笑む女性

女性がなりやすい病気として乳がんがあります。乳がんは完治する病気ですが、発見が遅れて死に至るということもあるので注意する必要があります。乳がんを早期発見するためにも、定期的に乳がん検診を行なうことが大切です。乳がん検診について理解しておくことによって、乳がん検診の必要性について知ることができます。乳がん検診では、主に視触診、マンモグラフィ検査、超音波エコー、CT検査などを行ないます。視触診では、目視で検査をするもので、くぼみやしこりがないかを確認します。マンモグラフィ検査とは、乳房を板で挟み、X線を照射して小さな乳がんを発見するというものです。30代以前の女性は、超音波エコーの乳がん検診を行なうのが一般的です。超音波エコーとは、高い周波数を出して、白黒の画像で検査するというものです。乳房が発達していると、マンモグラフィでは白く写ってしまうので、乳がんかどうか鑑別するのが難しいのです。

乳がん検診を受けるなら、費用を確認しておいたほうが良いです。検診内容、自治体検診など、検診の方法によってもそれぞれ費用は変わります。ただ、40歳未満の女性は市区町村で費用負担を行なわないので、検診にかかる費用は全額負担になることが多いです。40歳以上になると、2年に1度ほど自治体で乳がん検診を行ないます。このような検診では、無料で受けることができたり、3,000円以内で受けたりすることができます。全額自己負担になると、マンモグラフィ検査は約5,000円、超音波エコー検査は約3,500円かかります。また検査代だけではなく、診察代などもかかるので、合計で15,000円~20,000円ほどかかります。