更年期障害に悩まされているなら病院に行こう|ずっと健康サイト

看護師

定期検診で予防

病院

20代~30代と若い女性に増えてきているのが、子宮頸がんです。子宮頸がんは、命を失う可能性がある病気ですし、出産ができない体になってしまうこともあります。子宮頸がんは、名前の通りがんの一種ですが、他のがんと違うのは原因が分かっているということです。そのため、子宮頸がんは予防することができるので、知識をつけて普段から予防することが大切です。子宮頸がんとは、子宮頸部という子宮の入り口にできるがんのことを言います。昔は40歳~50歳の女性がかかることが多かったのですが、最近では若い女性がかかることも多くなっています。子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルスです。ヒトパピローマウイルスは、あまり聞き馴染みがないウイルスですが、実際は性交渉を経験しているほとんどが感染するのです。つまりほとんどの女性が、子宮頸がんになる可能性があるということです。ただ、免疫力によってヒトパピローマウイルスは体から自然に排除するので、発症せずに済むのです。しかし、免疫力が低い場合は、子宮頸部にヒトパピローマウイルスが残ってしまい、子宮頸がんになってしまうのです。

子宮頸がんの予防方法は、定期的に検診を受けるということです。子宮頸がんは、進行が遅い病気なので、2年に1回検診を受けるだけでも防ぐことが可能です。子宮頸がんは、異形性からがんに進行するまでに5年~10年ほどかかります。このがんになる前に見つけることができれば予防できるのです。子宮頸がんの検診は、1,000円~2,000円程度と安い金額で受けることができます。そのため、定期的に検診を受けた場合でも、あまり負担を感じることがありません。